企業年金基金のiDeCoへの移管がわからない!

みなさま こんばんは 投資郎です。

今日は株式市場はお休み~

姉妹ブログのコピーを載せておきます。




そー言えば、既に7月ですね。

以前、会社から送られてきた退職に伴う書類の作成が、確か7月9日までに提出しないといけないことを思い出しました。
IMG_9471.jpg

いや~ ザッと見ただけでもめんどくさ~~って気分。



でもでも、コイツを書かないと退職出来ないからな~

頑張って書かないと~

って事で、今日は10時過ぎから書類の作成をしました。

作成用のビデオを見て、理解しながら書かなきゃいけないのでかなり面倒。

とりあえず、退職金や健康保険に関する書類などから取り掛かりました。
IMG_9653.jpg

作成が終わったら、チェックしないとどれが出来たか出来てないかが分からなくなっちゃうからねぇ



これらのほかにも、厚生制度の退職に伴う書類もたくさんある。

互助会とか住宅共済会とか、何かと貯金っぽい制度がいっぱいあり過ぎて、全部で何枚書いただろうか?

目と手が疲れました。



で、書いてて気づいたことが~

企業型確定拠出年金(DC)の掛け金をiDeCoに移管するって事は、わかってたのですが。。。

実は、それ以外にも企業年金の脱退一時金相当額(結構な金額)もiDeCoに移管できるポータビリティ制度というのがあるって事が分かりました。

そんな制度があるのはわかりましたが、脱退一時金相当額をどんなふうに運用するのかが、ちっともわからない。

iDeCoで運用できる金額は、無職だと68,000円/月(年間81.6万円)までしか運用できない。
2021-07-05.png

60歳まで運用しても81.6✕5年なので、408万円の運用。

う~~ん 脱退一時金相当額って運用金額(408万円)の数倍あるので、この408万円以外のお金の運用をどうするのか?

結構調べたんだけど、どこにも書いてないんですよ!

こんな事なら、今まで加入してた企業年金基金から将来年金として受け取った方がイイのかもしれない。

って言うか、企業年金基金の方が有利なのか? 国民年金基金連合会iDeCoのほうが有利なのか?

ネットのリサーチ力が足りないからわからないだけなのか?

ん~~ 電話して聞いてみるかなぁ?



って事で、目と手と頭を疲れさせた一日となりました。
(;´Д`A “`





本日のオマケ。

今日は、久しぶりに出てきてたアスパラとナスを収穫。
IMG_9643.jpg


IMG_9649.jpg


収穫したアスパラとナスを使った、今日の夕食。
IMG_9650.jpg

メニューはビールの横から、鶏肉のスパイス焼き・タコとオクラと生姜の和え物・リッツにブルーチーズ・パプリカマリネ・アスパラベーコン・ヤングコーンのバターしょうゆ焼き・ナスガーリックピザ。

リッツにブルーチーズをのせてはちみつをかけて食べると結構うまい!

アスパラも採れたてなので、甘みが有っておいしい。

ヤングコーンのひげもイイね。

このつまみなので、ワインをしこたま飲んで、またまたうたた寝コースでした~。
(;´Д`A “`

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代セミリタイア生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村


セミリタイアランキング


スローライフランキング


サラリーマン投資家ランキング


この記事へのコメント